リンクハウスの家創りの基本は「自然と調和する家」です。冬の太陽のエネルギーを
ふんだんに取り入れる、「高断熱サッシ」、「Low-E複層ガラス」、「高性能断熱」
により熱を逃しません。
春夏秋冬、季節に応じて機能するサッシで、窓の位置を考慮し日当たりを考え、
お客様に合ったプランをご提案させて頂きます。
 
断熱材には様々なものがあります。しかしそのほとんどが「化学物質」で作られたものです。
弊社が採用している「セルロースファイバー」は、アメリカの新聞(薬品を使わない紙)
を再利用した、自然の木の繊維でできている断熱材です。
 
安心して使える国産材しかも神奈川県で育った「木」を採用しています。
木材も生まれ育った気候・風土の地域で使用することで、「木」本来の性能が発揮されます。
その木材を神奈川県の製材所で製材・加工し、そして神奈川県で使われる、
『地産地消』で建てます。
 
珪藻土クロスとは珪藻土を使った壁紙です。珪藻土クロスには吸放湿性能や、消臭機能、
ホルムアルデヒド吸着、分解機能、防カビ、マイナスイオン発生、防汚効果もあります。
原料が紙と珪藻土の自然素材なので万が一の火災の際にも有毒なガスが発生する
心配がほとんどありません。自然の紙と土が成分になっているため、壁紙なのに
塗壁のような味わいのある風合いが楽しめます。
 
  
吹き抜けや、勾配天井などの間取りで床面積以上の開放的な空間を実現。
高い位置の窓からの光が部屋の奥まで入ります。ロフトやインナーバルコニーなどと
併用することで、書斎スペースや子供たちの遊び場、屋内物干し場など使い道も広がります。
室内の温度差が少ない断熱性の高い建物だからこそできる間取りです。
建物を支える重要な構造である基礎は、建物の加重を受け効率よく地面へと分散させる
「鉄筋コンクリートベタ基礎(耐圧式基礎)」を全棟で標準採用しています。
基礎の底面が一体型の耐圧盤であるため、不同沈下(部分的に地面が下がってしまう)
で建物が傾いたり倒壊することを防ぎます。また耐震上も、とても有効な工法です。
上に戻る