建物を支える重要な構造である基礎は、建物の加重を受け効率よく地面へと分散させる
「鉄筋コンクリートベタ基礎(耐圧式基礎)」を全棟で標準採用しています。
基礎の底面が一体型のスラブ(耐圧盤)であるため、不同沈下(部分的に地面が下がってしまう)
で建物が傾いたり倒壊することを防ぎます。
また耐震上も、とても有効な工法です。
弊社では、鉄筋を20cm(法基準は30cm)間隔で配筋することで、内部から基礎を 強固にしております。
さらに、スラブの厚みを15cm(法基準は12cm)基礎幅を15cm
(法基準は12cm)を基本仕様としておりますので、家を基礎からしっかり支えます。
床下の換気は、防湿フィルム&コンクリートを標準施工し、基礎パッキング工法を施すことにより、
乾燥状態を常に保っております。
上に戻る